今後の講演予定
2018.05.25
滋賀県長浜市
滋賀人権啓発企業連絡会
2018.10.13
佐賀県佐賀市
佐賀市医師会立看護専門学校
2019.02.17
兵庫県加古川市
別府中学校区人権・同和教育実践発表会
道志真弓ブログ
講演の依頼はこちらから
本のご紹介
笑顔の戦士 amazonにて販売中

サイン入り書籍ご希望の方

購入される方に氏名とサインを入れてお送りいたします。
スマートレターでの発送となります。


書籍:1,404円+180円=1,584円
(84円値引き)
振込金額:1,500円
振込先:三菱東京UFJ銀行 豊中支店
普通:3084896
道志真弓(ドウシマユミ)


振込を確認次第、発送いたします。
お申込みは info@doushi-mayumi.com
※お名前、ご住所、連絡先をお忘れなくご記入ください。

講演を聴いていただいた方からの感想文
感想をお送りください

※お持ちのパソコンのメールソフトが開きます。

ゆみちゃんが笑うになったのは、家族のみなさんが笑っていたからだと思います。
ずっとずっと泣いていたら、ゆみちゃんは全然笑えなかったかもしれません。
だから笑っている事は大切だと思いました。
(小学3年生)

ぼくは今まで友達に「死ね」と簡単に言ってました。講演を聞いて、
これからは絶対人を傷つける言葉は言わないでおこうと思いました。
(小学6年生)

私は自分の命、家族の命、たくさんの命を大切にできるような心優しい人間になりたいと思います。
(中学2年生)

私の母も、道志さんがゆみちゃんに抱いたのと似た感情をや愛情を持って私を産んでくれたんでしょうか?私はそんな気がします。
(中学2年生)

話が大変分かりやすく、1年生の子も寒い中でしたが、集中して聞くことができました。
声のトーンも良かったです。保護者の方からも直接会って話がしたいという声が届きました。
家に帰って話をした子もいました。道志さんのお人柄を講演の間、感じ入ることができました。
(小学校 教員)

私も主人の転勤で熊本に来て、全然身内も知人も知り合いもいなくって、すぐ子どもがほしくてたまりませんでした。でも当たり前のように出産して子どもも元気でこれが普通だと思っていました。でも、今日お話を聞いて、私が道志さんの立場だったらどうだったのだろうかと自分に重ねて考えさせられました。忙しいを理由にあまり子どもと向き合っていないこと、自分の感情で子どもを叱ること、色々考えさせられました。すごく命について考えさせられました。ありがとうございました。

我が子と共に8年8ヶ月の間、青春を送られたということですばらしく思いました。私自身も子育ての大変さを痛感していますが、健康に生まれてきたことにあらためて感謝したいと思います。これからも子育てを楽しんで親子で過ごしていきたいと考えています。ありがとうございました。

小2の長女と2歳の男の子の子育てに毎日があわただしく過ぎています。今日のお話を聞いて改めて命の大切さを感じることができました。生きていることが当たり前のようになってきているので、命は限りあるものだから時間をむだに過ごしてはいけないと思いました。

今日はとても感動するお話をありがとうございました。道志さんのゆみかちゃんへの愛情を感じて泣いてしまいました。私も同じ体験をしたので、わかる部分がたくさんありました。大変な事もいっぱいあったと思いますが、道志さんのがんばって来られた所を私も頑張れる様に生活したいと思います。

初めて講演を聞かせていただきとても感動しました。私は今6ヶ月になる子どもがいますが、初めての子どもで何をするにも色々考えたり、迷ったりと忙しいです。でも今日話を聞いて、子どもが元気で優しい子どもになってくれるのが一番だと思いました。これからも一日一日を大切にして子どもと接していきたいと思いました。貴重な話を聞かせていただきありがとうございました。

今日とても良い話が聞けました。日頃子育てする中で、元気に育ってくれることが普通のように感じていて、今日のお話を聞いて、命の大切さや家族そろって生活できることがどれだけ大切か考えさせられました。育児する中でなかなか言うことを聞いてくれなかったりすると、イライラすることもあるのですが、そういう時間も大切なんだと思いました。今の時間を大切にしたいと思いました。今日はありがとうございました。

毎日の生活、子育てに追われ「大変だ!大変だ!」と愚痴ばかりこぼしている私にとって、普通に妊娠して、普通に出産して元気な子どもに恵まれていることがどんなに幸せなことだったのか、初めて?改めて気づかされました。子育てを通して私も親として育ててもらっている事に、健康で育っていってくれることに日々感謝しながら過ごしていきたいと思いました。今日はお話を聞くことができ本当に良かったです。ありがとうございました。

今日の講演を聞かせていただき、命の尊さ自分の子育てについて考えさせられました。少しずつ大きくなっていくわが子を近くで見て、そばにいることが大きな幸せと改めて感じました。子育てはやっぱり母親が笑顔でいることが一番ですね。笑顔でいられるのは家族をはじめ周りの方々の応援なのですね。とても勉強になりました。

貴重なお話をうかがうことができてありがとうございました。命も重さ・大切さを伝えて生きたいです。

今日はとても貴重なお話を聞かせていただきありがとうございました。家ではよく主人と「我が子は健康に生まれてきてくれてよかったね」と話します。でも健康な体で生まれてきても虐待にあったり、育児放棄など親の身勝手な行動で命を落としてしまう子どもたちもたくさんいます。子どもは親を選んで生まれてくることはできません。ゆみかちゃんは道志さんの元に生まれてきてとても幸せだったと思います。もしも自分の子が同じ様な病気を持っていたら・・・と考えると道志さんのような生き方(子育て)ができるだろうか・・・辛い思いも、苦しい思いも、人一倍しているけど旦那さんやしょうまくんの支えで乗り越えることができ、まわりの人にもとても恵まれていたんだなぁと思いました。私は4世代の6人家族で住んでいます。子育ては家族やまわりの人たちの助けがあってこそできるものだととても実感しています。そのお陰で子育てを楽しみながらすることができます。子どもの笑顔を見ると、悩みもふっ飛びます。子どもの存在はとても大きく、家の中も明るくなります。本当に宝だと思います。ゆみかちゃんの笑顔を見て、すごくふんわりとした優しい気持ちになりました。そして我が子をとても愛おしく感じました。いい経験ができました!

今、2人の子育て中で投げ出したくなることも多々あるのですが、「毎日笑顔でいてくれてありがとう」と思うと、疲れも吹き飛ぶ気がしました。ふさぎがちな毎日だったのですが、今、この瞬間から子育てを楽しめるような気がします。ありがとうございました。

命の大切さ、子どもの大切さ、親の愛の大切さを改めて感じました。何気ない日々、なんとなくすごしている毎日この日々も一日一日大切だと思いました。今日は家に子どもが帰ってきたら一番に “ギュー”をしてあげたいと思いました。そして“お母さんのところに生まれてきてくれてありがとう”と照れくさいけど言いたいと思います。今日は道志さんの話を聞くことができて本当に良かったです。

私は2歳の子どもを持つ父親です。文字に表現できないほどの気持ちになりました。私は仕事が自営で休みと仕事の区別がなく子どもに構えない日もありますが、今日のお話を伺いまして日々の生活の中でわが子の命を意識して生きていくということはとてもむずかしい事だなというのが一番の感想です。やはり健康に生まれてきてくれて本当に幸せなことですが、どこかそれらが当たり前のように感じて生きているように思います。失うことでその本質に気づかされるというのは悲しすぎます。今日のお話を日々の糧にしていきたいと思いました。

健康であることが当たり前のように感じてしまいがちですが、子どもが毎日元気でいてくれるありがたさや幸せを感謝してもっと感じていかなければと思いました。今のこの時期しかない大切な子どもとの時間をもっともっと大切にしようと思います。

今年幼稚園に行きだした4歳の子どもがいますが、最近ちょっとした事で泣いたりわがままを言ったりで子育てにイライラしていました。でも今日の話を聞いて、そんな自分がすごく恥ずかしく思いました。私も10年程子どもに恵まれずやっと授かった大切な命。何の障害もなく元気に生きてくれてる子どもに感謝して、これから子育てをやっていこうと思いました。

今日はとても貴重なお話を聞けて良かったです。日々、子育てをしていく中で、私にとっても今日のお話は“かて”となり勇気となっていくような気がします。たまに子育てに疲れてしまう時もありますが、子どもに対して今以上に愛情をもって接していけたらなあと思います。今日は本当にありがとうございました。感動しました。

感涙しました。子どもが大きくなるにつれ、ついつい上を望んでしまいますが命があることが大切なことだと気づき原点に戻れました。今日から一日一日大切に過ごしたいです。

今日の話を聞いて少し自分を恥ずかしく思いました。ちょっとした事で悩み私が今している事は間違いじゃないだろうかなど日々思い続けていましたが、道志先生の話で子どもの命の大切さや、優しさ、勇気など学ぶことができました。道志先生の話を聞けて本当に良かったです。

今日のお話を聞けて、まず先生に「本当に心からありがとうございました」といいたいです。私には2人の子どもがいます。小さなアパートで主人、自分、子どもの4人暮らしで主人は仕事が忙しくほとんど私が見ています。その中で私はまだまだみじゅく者で、イライラばかりしていつも「ガミガミ」していました。でもそんな自分ではいけないと思っている時に天草のお寺の住職の詩に「あんたの笑顔が私の元気なのよ」という詩を見つけました。まさに今の自分に足りていない事だとその詩をリビングに飾りました。しかし、それでも「ガミガミ」の日があります。今日の先生のお話で「弓華ちゃんの笑顔が元気をくれた」その言葉が本当に響きました。「今を生きてる。その事だけで感謝」忘れずにいたいです。本当はまだまだ書きたいことがたくさんあるのですが、今は感動しすぎて、感情が高ぶりすぎてうまく文にできません。本当にありがとうございました。

topへ